--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/10

NO PLAN TRIP ~宮島編~

8/4

しまなみ海道を見事に制覇した優希は、今日泊まる宿へ向かいます。
8/4 PM7:30 尾道出発。

宿っつっても、みっちゃんの部屋だけどな。

そして久しぶりの再会の喜びを分かち合う事無く
「明日は9時頃には家でるで?」
という確認をして就寝。(実際超疲れてんねん

1日の走行距離が、約300kmでした。


-----------------------------------------------------------------


8/5

広島駅まではバイクで行こうと。二人してバイクで国道2号線。
眠いよ~。あくびが止まらないよ~。
そんな危ない国道2号線。

途中…意識がぶっ飛んでいた。

広島駅で宮島までの切符を購入。
そしてこの旅で初の公共交通機関使用。


宮島口駅


宮島口駅到着。
観光客がメッチャいた。さすが世界遺産。

(お前等広島の観光地って宮島くらいしかしらねぇんだろ~)

…俺もそんな1人(汗


フェリー出航。


大鳥居見えた~


引き潮だったらしく、大鳥居の周りにはちっちゃい観光客が集まっていた。
(実際は遠かったのでちっちゃく見えただけ)

そんな宮島をフェリーの柵によっかかって見ていたら。
俺の隣に超セクシー系の外国人(ナターシャ(仮名)が同じようによっかかってきた。
それだけでドキドキした俺は船が着くたび一目散に船を降りる(チキン

バイバイ。ナターシャ(仮名)。
君を嫌っていた訳じゃない。ただ君の愛は受け止めれない
…はい。とんだ勘違い。


宮島上陸。
塩が満ちちゃいけないと急いで大鳥居まで歩く俺とみっちゃん。
(引き潮だと知ったのはこの後)

優希「あっ!鹿だぁ~♪」


鹿と僕


(撮影:みっちゃん/ベストショット)

宮島の鹿は凶暴化しただの人慣れしただの言われてますが。
別に凄く可愛くて、問題視する事でもないんじゃないの?と思いました。
(ソレはただ俺が餌をもっていなかったからおとなしかっただけなのかもしれないが)


宮島は日本三景に指定されている。


日本三景碑


み「日本三景、あと2つ知ってる?」

優「バカにしてんの?!」

み「じゃ、いってみ?」

優「松島と天橋立」

み「おっ!すげぇじゃん」


メチャクチャバカにされてた感じがする。
(でも実際、その2つがどこにあるのか知らない)


普通に大鳥居まで歩いていっても面白くない!
って事で二人して海岸を鬼ごっこしながら歩く事に。

み「まて~♪」

優「あははっ」



捕まえてみやがれ!!このヤロウ


嘘…普通に歩きました。
途中でクラゲがいっぱいいたのが気になりました。
そして…ゴミも。
日本三景にも指定されている。
世界遺産にも指定されているところに、ゴミが無残にも捨ててある。
すごい悲しい気持ちになった…

のは一瞬で。パシャリ。


海岸を歩くみっちゃん


あんた…後姿が何かを語っていますねぇ。

撮るな。バカタレ!


海岸線をずっと歩いていると、観光客がちょっとうるさくなっている所があった。
上から見下ろすように海岸を見ている観光客。
その目の先には。


鹿の親子


あはは!羨ましいだろ!!

とは思ってませんが。
海岸を歩いていた俺たち二人はこの可愛い親子を間近で見る事ができたのでした。
やっぱり動物って可愛い。

とことこと親鹿についていく子鹿。
行き着いた先は。


鹿の親子


こんなところに家があったのですね。
ケツ向けんな!


大鳥居


やっと大鳥居に到着。
満ち潮の時にはココが一面の海になるのに。
何か潮の満ちたところしかテレビで見たことなかったのでちょっと感動。

ちなみに大鳥居を見上げているちっちゃい人間が俺。


厳島神社正面


そして。
やっとその全貌を現した厳島神社。


**厳島神社
厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社。
1400年の歴史をもつ。

厳島神社の現在の社殿は、平安時代末期に平清盛が建てたものである。
時の権力者の尊敬を常にあつめ、清盛以降、何度か修理改修が行われている。
特に毛利元就が大掛かりな修復を行っている。

厳島神社のある厳島(宮島)は俗に「安芸の宮島」と呼ばれる日本三景の一つ。平家納経で有名。
厳島神社の平舞台は、四天王寺(大阪市天王寺区)の石舞台、
住吉大社(大阪市住吉区)の石舞台と共に「日本三舞台」の一つ。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。


(Wikipedia)



世界遺産というだけあって、何かかなりのプレッシャーを感じる。
そのどっしりと構えた風貌から。

とにかく行こう!
と入場料を払って厳島神社に侵入。

侵入早々、後ろからパシャリ。


厳島神社をあるくみっちゃん


この後。本堂の賽銭箱に賽銭を入れて手を合わす。

再テスト。合格しますように。

っつーか学問の神はいるのか?
今になってちょっと気になる。

そしておみくじも引いてみる。


み「凶とかだったら面白いな」

優「ブログのネタにでもするよ」


俺。(平)
みっちゃん。(凶)


優「ごめん…冗談」


そこで今気づいたのだが、引いたおみくじを写真にとって保存した。
ソレは確実に覚えている事。
なのに保存したminiSDの中には保存した形跡が全くない。
携帯の中にももちろんない。

おみくじを写真にとるのは、厳島神社の神への冒涜だったのか?!

今になってみればコレは心霊現象だと思わざるをえない。


なんて真剣に言ってますが、どーせ保存する最中に電池でも切れたんだべ。
充電器忘れて、充電するのも忘れて
ずっと「乾電池で充電できるヤツ」使って充電しながら撮影してたから。


そしておみくじを結ぶところに。
みっちゃんが

み「片手で結ぶとええんやって♪」

っていって、いとも簡単に片手で結ぶので、
半信半疑で片手で結ぶ俺。
結ぶっていうか…絡まった。(汗


飯食いにいくか!って歩き始めた瞬間。


「can you speak English?」(つづり違っても気にするな)


と外国人のカップル(ジョージとミッシェル(仮名)がみっちゃんに話しかけた。
ジョージ(仮名)…よくわかってるじゃねぇか。

方や「広島大学」の学生。
方や「田舎の短大」の学生。

方や「高校時代の偏差値:70越え」
方や「ギリギリ50」

ジョージ(仮名)…よくわかってるじゃねぇか。

まぁみっちゃんは今流行りの「IELTC」とかゆーヤツ。
絶対つづり違うけど何かこんなヤツで、
結構な高得点をたたき出す学生じゃ。
ペラペラの英語で受け答えするんやと思っていた。

ジョージとミッシェル(仮名)はおみくじに書いてある事が読めなかったらしく、
ソレをみっちゃんに聞きたかったらしい。
(俺英語わかんねぇから、「らしい」としか書けねぇっての)


み「ソウ、ソウ」


∑?!日本語??
その「ソウソウ」って…「そうそう良いよ」って意味?
「ソコソコ」の類義語?!
って思っていたら。


み「not so bad」


何か悔しくなったから、
ジョージとミッシェル(仮名)が帰るときに

優「ハブ ア ナイス デイ」

って言ってやった。
ミッシェル(仮名)が手を振ってくれた。

立派な異文化交流。


メチャクチャ暑い上にメチャクチャ腹減った。
本堂から出て、すぐに定食屋さんがあったので入って注文。

決して、この日のような事はしていない。


牡蠣丼


広島っつったらコレでしょ!「牡蠣」♪

メッチャ旨かった~♪
っておばちゃんに言ったら


おばちゃん「でしょ?今度は冬においで★」


って笑顔で言ってくれた。
おばちゃん…さすがに冬にバイクではきついよ…
じゃぁ電車で行けよ


お土産屋さんをブラブラ。

途中でよったお店の店員のお姉さんがメッチャ可愛かった。
ってか、宮島の女性は綺麗でした。(感想)


優「幸福になる地蔵…やって」

み「じゃぁ撮ってやるよ」


幸福になった優希


(恥ずかしいので顔はタオルで隠す)


み「つーか手だしたら気持ちわりぃだろうが」

優「いいじゃんべつに」



お土産屋さんで芸能人っぽいサインを発見。


優「おばちゃん?このサイン誰の??」

お「ソレは、石ちゃんと松村のよ。マイウーの」


石ちゃんのサイン


確かに「まいうー」って書いてるね…
(あえて石ちゃんののみ)


優「よく芸能人来るの?」

お「ソウねぇこの前はTOKIOの長瀬君が来たわね」

優&み「おぉ~★」

お「あと、ほら…あの、コレの人(ジェスチャー)」

優「あー、『命』…TIMね」

お「そうそう!それと、アンガールズもきたわね」


芸人が、結構集まる、厳島。

優希、お土産店での俳句。

おーっと、TOKIOの長瀬君は芸人じゃないわ。


お「何かあんた話しやすいわ~」

優「ホント?俺のサインも飾る?」

お「っぇ?有名人?何かの取材?!アポとってよ~」

優「ぃゃぃゃ、取材じゃないけど。地元じゃ知らない人はいないくらい有名」(嘘)

お「あらまっ!色紙ならいっぱいあるからちょっと待ってて」

み「あ、いいですよ。どーせ嘘なんで」


ささやかな有名人気分も、みっちゃんの一言で儚く終わる。

その後おばちゃんとバイバイして、1つカキ氷を木陰でみっちゃんと分け合い。


カキ氷


食わせろ~!!

実際金払ったの俺。

あー冷たいとかホンワカかき氷食ってたら。
近づく鹿の気配に気づかなかった。


襲われた優希


財布を食われそうになった。
やっぱり、宮島の鹿は凶暴化していたのか…


襲われた誰か知らん人


あぁ…やっぱりどうだったんだな…

と最後に宮島の怖いところも見て。


さらば宮島


さらば宮島!また来るじぇい♪



 
↑         ↑
次回、NO PLAN TRIP ~広島大学編~ へ続く。




コメントしとこ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

TOEICね!

ひーぼー>
そんなん知ら~ん(笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。