--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/06

ぶっちゃけ、ココ・・・俺居ていいの?

皆さんこんばんは。

4月に入り、新生活スタート☆ってな方もたくさんおられる事と思いですが、

俺の新生活はいつスタートするのでしょうか?

なーんて事を思っていたらなんと今日は入学式で…

高校の盟友達が彼方此方で甘酸っぱいキャンパスライフをスタートしたのに少し遅れ

俺のキャンパスライフもスタートしたのでした。

今日から大学生かよ!身体は大人、心は保育園児、迷探偵優希です。




えーっと…はっきり言うと俺は大学までの行き方がわかりません。

(メ゜Д゜)ハァ?

全くのノープランで自宅徒歩20秒の駅の電車に乗り込みました。

でもね…ソコは俺ですよ。あの数々の難事件をことごとくくぐり抜けてきた男、優希ですよ

無事着きました(*'ω')


二人の親切な人の


助けによって



一人は中学校からの友達

もう一人は…


(ん~、この辺で下りればいいかな)

と、バスを下車すると俺のほかに女性が2人降りてくる。

その1人の女性に聞いてみた。

優希「すみません?●●短期大学って、どこですか?」

女性「っぇ?あぁ、あそこですよ。」




おもくそ近いですね


なんと視線を少し上に向けたところにポツンと佇む大学が

しかもその女性、大学の非常勤の先生だったらしく

しょっぱなから、顔を覚えられた優希でした。


受付を済ませ、控え室へ案内される俺。

何故か、嫌な予感がした…受付の名簿をチラッと見た瞬間から、嫌な予感がしていた。


入学式が始まり、入場する新入生。

ソレを見守る、先輩方。

俺を見るやいなや、


「ひとり?」 「っぇ?ひとり?」 「へ~ひとり」


…先輩方…


おれは



劇団ひとり


じゃありません




俺の入学した「科」が、男の子俺1人だけだっただけです。

readerの皆、俺は劇団ひとりじゃありません。

しかも2つの科があるんだけど、

その2つの科、あわせて3人…


女子大かよっ!


って心の中で叫んだのはいうまでもありません。

しかし男が3人だけとなると

やはりその3人が仲良くなるのは必至。

早速メアドを…

ん?あれ?

1人しか入っていない!?!?


…ここでも

劇団ひとりかよっ


「今日ツッコミさえてないぞ、優希!」

あぁ、そんなオーディエンスの声が聞こえる。

っぇ?「『今日』じゃなくて『いつも』だろ?」だって?


上等じゃねぇか


そんなこんなで始まった俺のキャンパスライフ。

まずは友達を増やさねば…

でも先輩がすごい優しいので嬉しかったです。

男に生まれてきてよかったと思える瞬間でした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。