--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/15

星空に浮かぶ満月と静かなコートに落ちるバスケットボール。(その3)

※この記事を読む前に、
 星空に浮かぶ満月と静かなコートに落ちるバスケットボール。(その1)を読み、
 その後で、
 星空に浮かぶ満月と静かなコートに落ちるバスケットボール。(その2)を読むと。
 何となく、話の流れが理解できるかと思います。


僕は。この世界に何も求めない。
だから。僕はこの世界に帰らない。

けど。そんな僕の腕を引っ張ってくれる手は。あった。
たくさんの。手はあった。


ある友人。それはとても大事な友人…うん。友人とメールした。
普段。僕は彼女に弱音など絶対にはかない。
しかしこの日は。この日だけは彼女に弱音をぶつけてしまった。
鬱陶しかったろう。迷惑だったろう。
けど彼女はそんな雰囲気を一切かもし出さず。すぐにメールを返してきてくれた。

「ヒマしてたから♪」

その言葉に。僕は甘えた。
抱え込んでいるものを。背負ってしまったものを全て、数通のメールにぶつけた。
それは登山の途中小屋のような、そんな「爽快感」を僕に与えた。
決して全てが楽になったわけじゃない。
頂上まではまだ道があるように。
この迷路はまだ、闇に包まれていた。

「優希には私を含めたくさんの友達がいること忘れちゃダメだよっ」

何も言えなくて…冬。


行き場のないこの思い。この世界への恨み。
ぶつける事のできないもどかしさ。
消す事もできない情けなさ。
その辺のあやゆる感情やらなんやらを、
僕は蹴り、踏みつけ、グシャグシャにし、そして投げつけた。

何処に投げたのかもわからない。
その上、何故投げたのかさえもわからなかった。

僕が背負っていたものは消えた。
僕がかかえていたものは消えた。
僕に足りないもの?もうそんな事どうでもいい。
もうコレで楽になる。


ホッと一息つくと僕は気づく。

投げたと思われたモノは、空を切り、僕の膝元へ落ちていた事を。


この迷路にいる以上。
コイツを投げる事ができないんだ。


僕は…投げる事ができないんだ。


僕はある場所に立っていた。
体育館。誰もいないバスケットコート。
ボールを持ってただ1人。僕は立っていた。
足元には3Pライン。

(あれ?以前もこんな事あったような…。)

僕は手に持ったボールをリングに向かって投げた。
あの時はリングにも当たらなかったボール。
そのボールはまたリングには当たらなかった。
しかし。あの時とは違った。リングの中を通り、バスケットに入った。

(確かあの時。Yがボールを拾って…。)

「勝負しよ♪」
あの時と一緒だった。Yだった。
そして始まったYとのフリースロー対決。
けど、あの時とは違う。
ソレはもう1人。勝負に加わった事。
3人で今度は、3P対決をしたこと。

Yは(よくわからないが)女の子にしては3Pをよく入れる。
3Pが得意な僕でさえ、何度か負けたことがある。
3本先に入れた人が勝ちという事で、3人での対決が始まった。

以前。体育の時間にやっていた4対4でのバスケットボールの試合。
僕以外皆女の子という事で、思うようにプレーできない自分。
それどころか、「優希。リバウンド禁止」という制限までも受ける自分。
少々物足りなさを感じていた僕にとってこの勝負(特にYとの)は唯一本気でできるものだった。

この瞬間。この勝負の時。
僕の抱えていたもの。背負っていたものはどこかへ消えていってしまっていたように思う。
そして。まばゆい光に照らされていたように思う。
僕は本気で勝負をした。

2対2(僕とY)の同点。僕先行。
ゆっくりと構えて、放ったボールは。
少し低い弾道を描きながらも「スパッ」といういい音を響かせてバスケットに入った。
コレでYがシュートを外せば、僕の勝ちだ。
ソレほどまでにYとの勝負はいつも本気になる。

しかしYの放ったボールは美しい弧を描き。
バックボードに当たった後バスケットに入った。

コレが。僕がYとの勝負で本気なる所以である。

その後の一投を僕は決め、Yは外したために勝負は僕が勝った。
しかしYは屈託のない笑顔で「負けた~」と話す。
その言葉と笑顔に。俺も笑顔で「やっぱお前強いなぁ」と返す。

何かの言葉を言われたわけでもない。
何かの物をもらったわけでもない。
しかしYは。
僕の腕を掴み、引っ張ってくれて、僕に光を当ててくれた。



「また。勝負しよ」


僕は。この世界に何も求めない。
けど。この世界は居心地がいい。

学校から戻ると僕は再び光の当たらない迷路に戻っていた。
それでも。この迷路も居心地がいい所になっていた。


僕はやっと気が付いた。

この迷路からは、すぐに抜け出す事ができて、
この世界からはすぐに迷路に帰れることができるという事を。

それはまるで1日に昼と夜が必ずあるように。


僕はやっと気が付いた。

僕に足りなかったもの。
僕になかったものは。

迷路にはまった時。導いてくれる「人」でもない。
自分の生きる指針を示した「地図」や「懐中電燈」でもない。

これらのものは。僕はもう手に入れていたんだ。


─じゃあ。何故迷路で迷うのか。

─僕になかったものは。


「目的地」だったんだ。


この迷路の出口に。
僕が求める、目的地があるんだ。
だとするならばこれからも。
僕はこの迷路にはまり続けよう。
もし。この迷路から抜け出す事ができない人生を。送ろうとも。




僕はまた光の当たらないこの迷路で。タバコを1本手に取った。
冷たくなった桟に指をかけ、そっと窓を開ける。



今夜は。月。見えるかな。

(完)



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして★

はじめまして★かぁいいサイトですね!!O(≧∇≦)O
うちのオススメデコメサイトもかわいい画像イッパイなんでみてみてくださぃ★ミ
外国語のデコメが使える!!けど、モチロン英語とか全然分からなくてもokダョ(*'‐'*)
http://decoworld.jp

ネイルサロンの検索サイトを始めました!

ネイルサロンの検索サイトを始めました!
* ネイルサロンの検索サイトを始めました *

突然のコメント失礼いたします。
私マイネイル編集部の広瀬と申します。

この度新たに、日本全国のネイルサロンが探せる
mynailというネイルサロンの検索サイトをオープンしました。

お得なクーポンもございますので宜しければご利用下さい。
今後もよりみなさまに使っていただけるよう
がんばりますので応援、宜しくお願いいたします。

【ネイルサロン検索サイト マイネイル】
http://my-nail.jp/

気持ちよくしてあげたいのに(;_;)

"未経験の男の人のエッチって、一生懸命動いてくれて、なんだか凄く愛情を感じますよね☆
そんな時、私もがんばらなきゃ!って思うんですけど。。。

相手の気持ちよさそうな顔見てると、私すぐイってしまっちゃうんですよね。。。
今思い出しただけでも、ジュンって来ちゃってますし(///-///)

,http://bjoyq.net/pre_h/O4L3tGt4/,13.jpg

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。