--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/19

きっと。意味のある旅だったと思うんだ。

遠い昔の話だが。
自転車に乗ったまま。このまま走り続けたら。

僕は何処へ行けるんだろう。

そう。思った事がある。
もしかしたら「フランス」とか「イギリス」とか「冥王星」とかに。
行けるんじゃねーの?的な期待も込めて。
そう。思った事がある。

そう。思った後に。
僕は。ペダルをこぎ始めた。
莫大に膨らんだ期待と。一抹の不安を背負って。


目的地は。「たどり着いた場所」だった。


モヤッとする夏の風を全身で感じ。
前へ前へ。僕はこぐ足を止めることなく走り続けた。
真っ白な頭で。
ただ一心に走り続けた僕は。
知らない街にたどり着いていた。

ソレでも僕は。こぐ足を止めない。


─…俺。何でチャリンコこいでんだ?

─…俺。何処へ向かってんだ?


答えなどなかった。
最初から答えなど求めてなかったのだから。

燦燦と頭上から照り続ける太陽だけが。
僕の行く末を見守っていた。
いや。見守っていたといえば語弊があるだろう。
彼は容赦なく僕を照らし続け。
僕からペダルをこぐ力を奪っていった。

滴り落ちる汗という水滴が。
真っ青なTシャツというキャンバスに。
なんともいえない模様を描いていた。


あぁ…何となく。ハンバーガーに見える…


お腹が空いていた。
満腹時の胃の体積を10とするならば。
その時の体積は1未満であった。

とうとう僕は力尽きて自転車から降りて、そして路上ですっ転んだ。
周りは住宅地。
そう。ココは小高い丘だった。

路上から見る空は新鮮で。
いつもと違う表情を見せてくれた。
空一面の青ではなかったが。
その青はウェンツの目よりも青かった。


僕がたどり着いた場所は。
隣町の総合住宅地。
車で走っても。40分足らずで行ける所であった。

結局。フランスにもイギリスにも冥王星にも行けなかった。
当時の僕は自転車しか、移動手段を知らなかったのだ。
けど。今の僕は。フランスにもイギリスにも行く術を知っている。
(冥王星は知らん。)


この小さな旅の意味は。当時わからなかった。
そして。今の僕もわからない。

もう一度あの頃の気持ちで自転車をこげばあるいは…。



えー?!今は
原チャリあるもん。




もう。僕はあの旅の意味を知る事はできない。



 
↑         ↑
ソロソロ旅がしたくなってきたよ。



コメントしとこ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

旅しに来いってば(/д\〃)
オーストラリアなんて飛行機で10時間だぜ★

はりー兄さん>
そんな金無いって…↓↓
資金提供してくれるなら…絶対行きます(汗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。