2006/07/31

女子高生が来たぞ~♪

会うたびに、男前。優希です。

はい。完璧に調子乗ってます。
お店の常連さんに言われたんです。

「久しぶりじゃなぁ~。優希、会うたびに男前になっとるわー」

っと。
わかってるじゃないっすかぁ~。
はい。自分大好き。優希です。
でもこーゆー事言われて。「そんな事ないですよ~」とか言いたくない。
こーゆー時は。

「何ゆーてはるんですか~。元からですよ♪」

と、ゆーとけばえーねん!!
自分はメッチャ気持ちえーけど。
お客にとっては(何やコイツ)。
でもまぁ、常連さんでしたし。笑ってましたけどね。


-----------------------------------------------------------------


先日、短大のオープンキャンパスがありました。
俺は、所属していない部活の手伝いにかり出される始末。
まぁ手伝いっつーか…足手まといだったけどな。

皆さん。それで忘れてない??
オープンキャンパスは、主に高校生を対象としているじゃないですか。
そんでもって、うちの短大。男子学生10人。

…そう。


女子高生が来るぞ~!


の前に。僕がお手伝いしていたところ。
「親子触れ合い教室」


子ども達が来たぞ~!!


結局。子ども達の相手に疲れて。
女子高生とお話しするチャンスを逃す。
(コレでかなりのテンションを落とす)
気づいたら「個別相談」の席。空いてねぇんだもんさ。

だから、ホールの隅っこで。

優希人生相談

始めちゃったよ。
冷やし中華始めました的なノリで始めちゃったよ。
でも始めた途端に女の子が相談に来たよ。
ってか、無理やり聞いてやった。

まぁ恋愛の話になったんやけど。
ココの短大は恋に悩む乙女が多いね。
話題っていったらまず「男」になるもんね…。


ほんでそんな悩める乙女の悩みを聞いて。
俺なりのなげやりなアドバイスをあげてたんだけど。
気づいたら時刻は16:30。


飯食ってねぇよ!!


ってか、先輩と飯食べる約束していたのに!!
という事で、優希人生相談はあっけなく切りやめ。
優希は先輩のうちへと向かうのでした。



 
↑         ↑
結局女子高生と話せたのは「道案内」のほんの数分。
あの子は俺の説明で無事駅に着けたんだろうか…



コメントしとこ
スポンサーサイト
2006/07/27

こんな俺に手を振るあの子

「辛い時、辛いと言えたら、いいのになぁ~♪」


辛いです!!(決して「からく」はない)


いつも正直な優希です。ぃぇ、別に辛くはありません。
だったら正直じゃなくて、嘘じゃねぇか!!

今日はね、ちょっとね。
心温まる出来事があったの。
俺の乾ききったドライアイから、涙という感情の一粒が。
零れ落ちそうになったの。
結局泣いてねぇのかよ。

ソレは、やっぱり子ども達の話になるんだけど。

今日は短大の2年生の授業の発表会があったのね?
近隣の幼稚園や保育園の園児を集めて、
「人形劇」や「演劇」をする発表会が。


先「もし暇だったら、10時から発表会があるから見にこん?」(07:40)


この時間に優希が起きていることがもう奇跡だよね?
今日は何故か6:40に起きてしまった優希。
昨日0:00までバイトで、その後バイト先で揚げてもらった唐揚げ食いながら一杯。
結局寝たのは1:30だったのに。
この調子で明日から早起きしよう♪
って…今日は閉店までバイトだったわ…
確実に帰るの4時前後ね。
そんで9時にはオープンキャンパスの準備手伝いだわ…
死ぬよこのスケジュール!!寝れないじゃん!!!
はぁ普通の学生に戻りたいわ
まぁいいか、手伝い終わったら寝てやるわ。

って…話がずれたけど、上のメールが先輩から来たのね?
別に午前中は暇(はい、午後も暇だよ!)
うるせぇっ!!
…暇だったので、発表会を見に行く事に。

10時2分前に行ったのに、始まっていた。
(なるほど。今時の園児は5分前集合なのね)
「現代の教育もまだ棄てたもんじゃない」と感心。
と同時に、ずっと体育会系だったにもかかわらず、2分前集合した俺自信の行為を反省。

劇が始まった。


…途中。


狼「あれ?キツネの奴どこに行った??」

キツネは後ろの木から、狼を脅かそうと近づく。
すると、園児の中の一人が突然叫んだ!


児「後ろ!!!狼!キツネ後ろ!!!!」


この光景を見て…



「志村!!後ろ!!!後ろ!!!」



を、思い出してしまった。優希。
少し凹む。

そんな園児達の反応を見てるだけでも楽しい一時だった。
純真無垢だなぁと思った。
まぁ中にはそうでない男の子もいたが
それでも、子ども達の反応って素直で、それでもって予想外!


…途中。


子豚「早く!早く!!急いで」

何かの機械が壊れて、ウサギが直している。

ウサギ「うるさいなぁ…待ってろ」


したら、何故か急に一人の男の子が「10!!」って叫んだ。
俺は
(はぁ?10??何ソレ?)
と思ったら、今度は数人の園児が「9!!」って叫んだ。
そして始まる園児達によるカウントダウン。
ちょっと演じている先輩焦っているようにも見えたが、冷静でしたね。
ちゃんと「0」ぴったしで、機械を直す。

こーゆーのは子ども相手の劇ならではの事だと思った。



って、今日柄にもねぇ事書いてねぇ??



帰り際。
演じていた人でもない。手伝っていた1年生でもない。
ただただ一般の客として来ていた俺に。そんな優希に。

「ばいばーい♪」

と手を振ってくれる女の子が一人。
その姿が可愛くて可愛くて…その何気ない女の子の行動に感動。

「ばいばーい!!」

と大きく手を振ってやると、女の子ニコッと笑った。
優希も結構笑った。
そしたらその女の子の周りの園児達も

「ばいばーい♪」

って、手を振ってくんの。
ホントもう。ただのバイバイなのに、何でこんなに感動的なのさ?
涙出そうになったってーの。
静かに帰らせてくれ!そっちの方が先輩に格好付くじゃねぇか。
ありがとう。手を振ってくれた皆。


っとまぁ、バイクを引きながら園児との感動的なバイバイを済ました優希。
ちょっとココはカッコよくバイクの乗ろうとまたがってエンジンをかけようとした。

…あれ?
エンジンかからねぇ…


鍵さしてなかった…



台無し


-----------------------------------------------------------------


「宮島」に行く事に決めた。
途中、「尾道」にもよる事に決めた。

そして、一人旅ではなくなるかもしれない。
そう、俺は一人じゃなかった(何



 
↑         ↑
だって、大勢の方が楽しいじゃん!!!



コメントしとこ
2006/07/26

mixiと牛と土用の丑の日

どーも!
午後の紅茶を午前に飲んで、少しにやけてるキモい優希がお届けする今日の幸せの貯金箱。

mixi日記から、ブログに戻した途端、
mixiの方からのコメントがパタリとなくなりました。

おーい、おめぇら、ちゃんと見てるか~?

はい、すみません。全力で謝らせていただきます。
なんなら土下座もします。
とゆー事で、見てくれ(ぇ

まぁいいや!mixiなんて…
ブログいじってた方がまだ楽しいわっ!!
はいそこっ!強がりとか言わない

気づいたら7月ももう終わりで、
九州・四国は梅雨明けしちゃってんの。
でも今日の天気見てたら。
瀬戸内も梅雨明けでいいんじゃね?
って思うんだけど…メチャクチャ暑ぃしな。

でも7月ももう終わりって…
ありえない!!あんた。
この歳になって、時間の流れがとてつもなく速く感じられるようになったよ。
だって、試験落ちてからもう2週間…

そんでもって、この前の土曜日に実家から何か贈り物が届いて。
開けてみると「鰻(うなぎ)」が入ってんの。


あぁ…土用の丑の日かぁ…


って思って、そのまま冷蔵庫へin。
どーせなら、
牛がよかったよ。
なんて事をメールに書こうかかかまいか迷って、結局書かなかった。


あぁ、お前は土曜の牛の日の方がいいか


なんてベタな返しされても、コッチが困るから。

で、その鰻が送られてきた日は、
焼肉パーティーの日だったから。
YちゃんとMちゃんと、送られてきた鰻をつまみながら。


優「何で、土用の丑の日…って鰻なん?」

Y「夏バテ防止?みたいな?…精力付けろって事じゃない?」


ふーん。とまぁ納得はしたんだけど。


世の男ども!!土曜は頑張ったか?


って…ソレは


「精」違いだっつーの!!


ちなみに、鰻を食ったその日の優希の行動はこちら


-----------------------------------------------------------------


っとまぁ、こんな記事をあげるほど
暇を弄んでいる俺ですが。
近々一人旅にでも出発しようかと計画中。
だって、大学の友達は皆女の子だし、誘いにくいわ実家帰ってるわ。
この2回しかない短大生の夏休みの思い出を、作りたいわけですよ。
もしかしたら3回目があるかもしれないが…
自由気ままな旅で思い出を作りたいわけですよ。

その前に勉強しなさいよーっと。

ハァ…腰が重たいわ。



 
↑         ↑
今の候補。「姫路」「大阪」「尾道」「宮島」…他、ココはどう?ってトコ教えて★
もしくは、一緒に旅してくれる人、募集。



コメントしとこ
2006/07/25

メーターはちゃんと見とけ

ミーンミンミンミンミンミンミンミンミン…
皆おはよう☆優希だよ。
もう昼過ぎだけどな…

蝉がうるさい時期。
もうすぐココ瀬戸内も梅雨明けとなりそうです。
洗濯物が溜まりに溜まっている俺としては梅雨明けが待ち遠しいのでございます。
だって部屋干しトップなくなっちゃったし。


-----------------------------------------------------------------


7/24 (mon) AM0:00

日付が変わった瞬間。
Yちゃんがうちにやってきた。
俺はバイトがメッチャ珍しく早上がりだったため、
Yちゃんが来るほんの数分前に帰ってきていた。

何この、運命的な偶然(意味ワカンネ)


優「どないしたん?こんな時間に」

Y「ぃゃ、コーヒー牛乳と低脂肪乳忘れて…今どうしてもコーヒー牛乳飲みたい」


どんな状況?!
コーヒー牛乳飲みたさに、深夜0:00に雨の中雨合羽着てうちに来るって、
一体あんたのコーヒー牛乳に対する執着心はどんなんなん?


優「あぁ、ちゃんと冷蔵庫で冷やしとるよ」


昼間、喉が渇いて飲みそうになったよ。


優「ちなみに、ビール2本。缶チューハイ1本もあるんやけど?」

Y「じゃぁ、うちで飲む?」


Yちゃん…
優希の部屋じゃダメなんだね。
そうだよね、この前はじめて来て
「うわっ!狭っ!!優希こんな狭い部屋に住んでるの?」
って、メチャクチャデリカシーのない言葉、連発してたもんね。
そりゃぁね…狭いですよ???
高3の年明ける前に合格決まったあんたと、
高3の卒業して3週間後に合格決まった俺とじゃ…
選べる部屋の数が全然違うんだよ(ノω`)
しかも、Yちゃんちと、うちって、家賃が全く変わらない


優「あぁ、ええよ。準備するからちょっと待っとって」


-----------------------------------------------------------------


準備をして、バイクにまたがりいざ出発。
夜の交通量の少ない国道をバイクが2台、並列して走っていく。

ふと、優希は思った。

部屋の鍵…しめたっけ?


優「Yちゃんゴメン、ちょっと部屋の鍵しめたか確認してくる」


そのまま急いで部屋に戻る優希。
結局かぎは閉まっていて、安心してYちゃんを追う事に。

しかし優希は気づいていなかった…
ガソリンが、もうなくなっていた事に。

しばらくたって上り坂に差し掛かったとき。
バイクが急に静かになった。
速度が上がらない。
そして…止まった。

絶望の文字が優希の頭をよぎる。
最寄のガソリンスタンドは、Yちゃんちのすぐ傍。
歩いたら、30分はかかる…


優「ちょ…お前何勝手に止まってんだよ、動けよ!!」


エンジンをかけようとしても、かからない。
何か大きな音が鳴るのみ。

仕方なしに、雨の中雨合羽着たまま動かないバイクを道路の真ん中で押して歩く。

Yちゃんちで2人で飲んで、1日の疲れを解消しようと思ったのに。
これじゃぁYちゃんちに着くまでに、着かれきってしまう。


Yちゃんが優希の部屋で飲もうって言ってたら…

そもそもうちがもっと広かったら…


問題がずれる。
一番悪いのはメーターをちゃんと見ていなかった俺。


Yちゃんちについた頃には、汗だくのずぶ濡れで疲れきっていた。



 
↑         ↑
やっぱYちゃんちは広かった。



コメントしとこ
2006/07/23

頑張れ次郎、くたばれジョージ

「ちはー、布団屋でーす」

「まにあってまーす」

「まぁちょっと話でも、ココって布団備え付けなの?」

「そうですけど?それじゃ」

寂しい背中を見せながら、トボトボ帰っていく布団屋。
勝った!!優希勝ったよ!!!
布団なんて備え付けじゃねぇのに。
101号室に住んでるから絶対このアパートの最初の客だった事だろう。
住民を守ったよ!!俺、ヒーローになれるよ。

っと、暇な土曜日(昨日)。
ってか、暇すぎる。

このままバイトも何もかもやめて、実家に帰ってやろうか

ってくらい暇だった。

暇だったから、部屋の中の「優希のお気に入り」を写真に撮ってみた。
どんだけ暇なんだよ、俺

少し寂しくなってきた。
ってそりゃぁ寂しくなるよ!!
部屋に一人で携帯片手にウロチョロ…
これじゃぁまだ、
煎餅片手にサスペンスドラマの方がまだマシだよ!!

そんな時、ある友人からメールが入った。


「今何してる??」


Yちゃんでした。
Yちゃんも暇だったらしく、Mちゃんと一緒に映画を見ようという話になって、
どーせ優希も暇だろう
って事でメールをよこしてきたらしい。
どーせ暇でしたけど、何か?


んで色々話しているうちに、
「焼肉パーティー」をしようということになって、
優希の誕生日一ヶ月前祝いだそうです。
ココ大事よ?メッチャ大事やで?
優希の誕生日一ヶ月前祝い
別に一ヵ月後、祝ってくれなんていっていない。

まぁでも祝ってくれるなら、祝ってもらおうかな。
何でこんなに偉そうなんだ、俺。
っぇ?何歳になるかって?

もちろん18歳にきまっとるぢゃろがい!!

はーい!自己紹介します。
優希、男、O型、永遠の18歳、獅子座。

誰だ?19歳だろ、って呟いた奴。

今夜夢枕にでも立ってやるよ。


とまぁ話は脱線。
って事で、俺の部屋で焼肉パーティーをする事に。


M「もう食えね~(汗」

Y「腹いっぱい!!」


と、あの子らが呟いている間、
俺は一人、
熱々のご飯にイカキムチ食ってた。


-----------------------------------------------------------------


Y「消化がてら散歩いかね?」

消化がてらなんだね…
酔い覚ましや眠気覚ましの為と違うんだね。
まぁいいか、俺もソロソロ
潮風に当たりたくなった。
って事で海まで散歩 at AM1:00。

もう夏やね。
夜中っつーのに、そんなに涼しくない。むしろ暑い。


優希「夏といえば、「海」「スイカ」…そして」

Y&M「そして?」

「カブトムシでしょ?」


次郎



優希「ぅゎ!カブトムシや!!」

Y「ホントだ、でもちょっと弱ってるね」

優希「おーい、頑張れ次郎!お前はどこへ行きたいんだ?」

M「次郎って誰?」


次郎優希「こいつだけど?」


優希「頑張れ次郎!飛べ!次郎!!!」


ブウゥゥゥゥゥゥン。

ガタン!ベタン!!


次郎は空高く飛びました。
でも次郎は、うちのアパートの目の前のマクドナルドの看板にずっと体当たりをしていました。
きっと、ハンバーガーが食べたかったんでしょう。


帰ってから、優希は爆睡。
他二人は「レオ●レスのレンタルビデオ機能」を駆使してビデオ鑑賞。


-----------------------------------------------------------------


AM5:00、ふと目が覚める。


「やぁメアリー」

「はい!ジョージ」

「今日はメアリーにお勧めの、スキンケア商品があるんだ」

「あら、何かしらジョージ。早く見せて」

「コレさ!メアリー」

「まぁジョージ!」


やたらお互いの名前を呼び合う「向こうの通販番組」。

っつーかお前等…



見てねぇのなら消せよ!



 
↑         ↑
2人とも、熟睡…



コメントしとこ
2006/07/22

優希の部屋のお気に入り

カルーア

最近はまってます。
おいしい牛乳でわると、メチャうまい。

笛吹きケトル

お湯が沸くと鳴いて知らせてくれる、優しい相棒。
ちなみにケトルに写ってる人影は優希。

スマイルクッション

スマイリーグッズは結構好き。
こいつは抱いてっと、メッチャ気持ちえーねん♪

灰皿とGONESH

タバコ吸わないのに灰皿。友達やバイト先の人が来た時活躍。
GONESHは短大生になって好きになった。今使ってるのはSTRAWBERRY。

クリップ

長くなった前髪を止めるのに最適♪
部屋におる時は必ずってゆーてもえーくらいつけてる。

田中と山根と榎田

優希の部屋の猫3兄弟。
別名:アンガールズ(1匹多いやん)

my PC

今使ーてるNEC VALUESTAR。
かなりのねんきもん。もっと頑張ってくれ。

クマさん蛇口

バイト先の洗い場に付いてて、便利やったから100均で買ーた☆
蛇口にはまらなかったから、ハサミで切って強引に差し込んでいる。

iPod nano

最近大活躍の優希の音楽相棒。
ちなみにこのとき流れてたのは「SHAKALABITTS ROLLIE」

あかふちめがね

たまーにしかかけないあかふちメガネ。
メガネが似合う男になりたいわ。

ホワイトボード

何かがあればなんか書く。
そんな、気まぐれホワイトボード。


2006/07/21

時間を上手に使えない

はーい、どーも~♪ハー(以下自粛
痛い…中指が痛いよ…
コレはね?昨日ね?切っちゃったの…

包丁で

昨日のバイト。
17時入り、22時上がりの予定だったのに…
だったのに…
結局上がったの0時半だよ!!

がっかりだよ!!


店長「今日はコレでフルメンバー(4人)かぁ」(19:30の呟き)

とか、

店長「お前、飯!」

先輩「その前に優希先に飯行かしたほうが」(21:00の会話)


22時上がりだと、上がった後に飯なのにこんな会話。
明らかに、残業だといわんばかりの会話。

で、結局休憩も飯もないまま日付が変わる。
眠いよ…超眠い。
22時上がりだからそんなに昨日寝てないのよ。

そんな、こっくりこっくり仕事していたら、


「あっ!」

包丁落とす。
中指切断…嘘、切った。


ドバドバ溢れ出す血。
はい、仕事場で血流したの2回目。


もう辞めたい…

それか、時間だけはきっちりしてほしい。

それ以前に、無理なシフトを組まないでほしい。


-----------------------------------------------------------------


よっ!優希だよ!皆元気?優希は元気リンリンだよ!
切り替えだけは早いんだよ

今日は久しぶりに晴れた~♪
洗濯物が乾くぞ~♪
って事で一気に洗って干してやったぜ。

「太陽さん、宜しく☆」

って言って買い物に行って帰ってきたら、もう乾いてやんの。
太陽さん、今日は仕事が早いのね。
と思ったら、沈んでいくのも早かったわ…
まだバスタオルが残ってるのにヽ(`Д´*)ノ まぁいいや。


こーゆー涼しく爽やかな日に掃除はもってこいだね♪
って事で部屋中の掃除をした。

まずは水回りだよねぇって事で風呂場から。
実際、風呂場って湯はらずいつもシャワーだから洗った事がない。
って事で、引っ越し前に買ったお風呂用洗剤初めて使う。


「こすらず落とせる」


へー、最近の洗剤ってすごいのね。
シャワーでシャーってやったらツルピカやって。
そーいえば以前「関根さん」のCMでやってたよーな気がするわ。
よっしゃ、関根さんを信じて。

シュッシュッシュ。

…30分後…


シャ~~~~(シャワー音)

って…


全然落ちてねぇよ!!!関根さん!!!

やっぱり2ヶ月ものの汚れはダメか…
だって、
何か汚れ、赤くなってるしなぁ


掃除をすると何か落ち着くね。
物が溢れている方が落ち着くとかいう人いるけど…
あんた、絶対片付けた方がいいよ

絨毯にダラーンと寝転べるあの喜び、久しぶりに味わったぜ。



ぁー、何か今日はあんまりネタがなかったから、
これから絨毯にダラーンとテレビ見よ…

あれ?勉強は(汗



 
↑         ↑
誰でもいいから、俺を遊びに連れてってくれ…



コメントしとこ
2006/07/20

お店を支えているもの

だぁもっ!!雨ウザい!!どっかいけ!!!
洗濯機、溢れそうなんだよ!!
部屋干しトップがなくなって、今リキッド使ってるから部屋干ししたくないんだよ!!

…明日も雨かよ、なめてんなオイ…

って、あかんあかん…愚痴書いてもしゃーない。

どーも~ハードゲイ優希です~。
今思ったんだけど、
ハードゲイネタは、もう古いの?

新しいものがドンドン出てき、古いものがドンドン捨てられていく時代で、
ハードゲイは、


もう捨てられちゃったんですか?


まぁ、
テツアンドトモは、捨てられた感漂ってるけど
優希も捨てられないよう頑張るとです。
捨てられても拾ってくれる人募集。
できれば3色昼寝付きで。

ドッカの専業主婦かよ!!
おっといけない、専業主夫だったわ。


------------------------------------------------------------


昨日、
「明日から勉強始めよう」
と、堂々と宣言した優希でしたが…
優希でしたが…

本日起床時間11時20分

ホントお前…いい生活してんなぁ、オイ。


ちょっとまって、でもコレにはちゃんとした理由があるんよ!
ソレは、昨日のバイトでの出来事だった。

同じ保育学科で、同じ居酒屋バイトの子が、
所属部活の1年生集めて食べに来ると聞いたので、気合入れてバイトに行く。
まぁメンバー全員同じクラスの子達だからさ。

俺としては少しでもカッコいいところを見せたかった訳。
いつもアホキャラ、のんびりキャラとして扱われているから、
ココで1つ、違う優希を見せて見返してやろうと思った訳。

そして、終いには

「優希、カッコいいじゃん!」

の言葉をもらおうと思ってた訳!!
ソレなのに…ソレなのに…


客全然こねぇから、メッチャ暇!
アレだけ「何か仕事ねぇかなぁ」って探した日はないよ…。
そして、先輩、電話してお客を呼び込む作戦に。

来てくれた2人。
同じ短大の1年生と2年生カップル。

そして気づけば、
「●●短期大学の学生のみの居酒屋」に…


「えー、ただいまより●●短期大学の貸切となります」


先輩、こんな放送まで流しちゃう訳。
皆「うぉ~!!!」とか言って盛り上がっちゃってる訳。

そしてお客だけじゃなかった。
今日は店長が休みだから、バイト4人で店をキリモリしていた。
俺は気づいた。
3/4が●●短期大学の学生って事に…
あの短大なくなると、店潰れるなこりゃ


そして、記念撮影とか始めちゃう。
何故か店員の俺達まで撮られる。

いつもはおしとやか(?)なあの子達が、
あの時は…

一番タチの悪いお客

になってたよ…


優希「はい、なんから~どうぞ」

全員「うぉぉ~!!!(拍手)」

優希「なんからでココまで盛り上がれるお前等ってすげぇよ」

全員大爆笑。
正直笑えねぇよ!!


まぁそんな盛り上がりを見てたんだけど、
その間に何組かお客さんが来たのね。

っで、俺がそのお客さん達に対応していたら、


「王様だーれだっ!」


お前等…

ドッカのくたびれたサラリーマンか


王様ゲームって合コンとかでよくやるんじゃないの?
男の子達の下心満載な思い付きから、始めちゃうゲームじゃないの?

女の子10人以上。男の子0人


怒った1/4のバイト、(店長いないからその日の店長)、女の子全員を宴会場に追いやる。

静かになった店内。

…宴会場を除いては。


ジュースの注文あったから持っていくと…


お前等…修学旅行の夜かよ


だらーんと寝転ぶ女の子達。

次から入る時、俺…
女子更衣室に入る感覚だった…


結局、

「優希カッコイイ~」

って言葉を聞けるはずもなく、帰っちまうんだなぁと思ったら。
後から来てくれた短大カップルの女の子が


「優希が焼いた焼き鳥、おいしい♪」


もうね…涙出そうだった。
えー子や!あんたメッチャえー子!!


そんなこんなで、忙しくなくても疲れた1日だったから、起きるの遅かったの。
いいわけなげーよ!!


おっと、これからまたバイトだわ…



 
↑         ↑
ソロソロ、学生に戻りたいな…



コメントしとこ
2006/07/19

暇を弄べ

やっはー。
梅雨が忘れ物をしたらしく、一日中雨でございます。
早く梅雨明けをしてくれい!!洗濯物がかわかねぇ!!

ぁ、明日はくパンツがねぇや


--------------------------------------------------------


昨日はバイトの打ち合わせで倉敷まで行って(友達の運転で)
それから児島で買い物して(友達の運転で)
その後深夜まで居酒屋バイト(友達のうn…ってんなわけねぇ)

もう帰って疲れて、ソッコウで寝たら、
今日起きたの12時だよ…

すまん、まだ夏休みになっていない人。
すまん、テストテストで頑張っている人。
優希も休み明けはテストだから


どーせ今日は居酒屋バイトまで予定ねえし。
最近色々動き回っていたから、今日くらいグースカしててもバチあたんねぇだろ。
と思い、ずっと家にこもっていた。
どーせ、外雨だし。

そんで日記のネタになるような面白い事が起きる事もなく、
本当にゆっくりと時間が流れるだけ。
たまにはいいじゃない…こんなのんびりとした時間を過ごすのも。


でも、それにしても暇すぎる。
考えてみたら、7月いっぱい予定がねぇ!!!
自動車教習行くとか言ってたけど、結局まだ何も行動起こしていない。
こーなったら居酒屋バイト休んで、短期集中でとってこようかな。

ぁ、ダメだ…学童保育のバイトもあったんだった。

何気に8月忙しいな…俺。


あー、今日は書くことねぇからココまで。

明日晴れたらいいな。


ドコかに旅行したい気分。



 
↑         ↑
最近グダグダな日記多いわ…



コメントしとこ
2006/07/18

一人っ子+共働き=学童保育?

バイトを始めようと思った。前向きに。
居酒屋のバイトじゃないよ。
将来の事とか、ちゃんと考えて。

「学童保育の短期バイト」

最初はボランティアのつもりで参加しようと思ったのに、
気づいてみたら「八剣伝」より時給が高い。
…ちょっと泣きそうになった。


ボランティア感覚(金銭についてだけ)で参加するアルバイトが、
本気で金稼ぐためのバイトよりも、
時給が高いなんて。

まぁ愚痴ってもしょうがない…。


--------------------------------------------------------



優「っぇ?倉敷やろ?バイクで行く」

友「私、行き方わからないから朝優希拾っていく」


同じく学童保育のバイトに行く子との電話。


優「じゃ、10時に着て。ソレやったら余裕や」

友「わかった。10時ね」



本日起床時間…9時半。

またやったよ俺。
急いで準備して何とか10時には準備を終える俺。

しかし10時を回っても来ない。迎えに来てくれない。

電話してみると、もう近くにいるそうだ。


友「もうすぐ!でもあんたんち、よく覚えてない」

優「でも、もう●●(スーパー)は過ぎたんやろ?すぐソコやん」


窓を開けて、アパート沿いの国道を観察。


友「うん、●●過ぎて…山?」

優「山?…!!ぁ…」


見たことのある車が1台、
携帯電話片手に通り過ぎていくLiFE1台。


俺、大爆笑。
友達、電話越しに怒る。


--------------------------------------------------------


倉敷について、担当者の人に案内してもらって
学童保育が行われる民家(?)に。

ソコで打ち合わせ。

メチャクチャ広い家やった。


担当者の人に話を聞いた。


「8月の学童保育のニーズが多い事」


考えてみれば当たり前のことかもしれない。
7月9月その他の月は子ども達は学校に通っている。
けど、8月は夏休み。家にいる機会は格段に増す。

この話を聞いて、少し悲しくなってしまった自分がいた。

夏休みに、親子の触れ合いがないなんて…


確かに、共働きの家庭が増えている事は事実であり、
ソレはもう現代では当たり前になってきている。

夏休み、子どもの居場所を学童保育に求める親。


…少し悲しくなってしまった。


ソレを手伝う自分。矛盾している。


以前
「もし、結婚しても、仕事は続けたい」
と、彼女に言われた事がある。

きっと、俺も仕事を続けるだろうから、結局共働き。
じゃぁ、なんら現代の親と変わりないじゃん、と思った。

コレに対する解決策は、いつか絶対探そうと思う。


でも今回の学童保育。
短期だから8月しか行われない。
現代のニーズに応えた、学童保育だ。

考えた。俺ができる事

現代の親がどうのこうのなんて関係ない。
共働きの事実は変わらないんだから、
俺に今できることは、
この夏休み、親と触れ合う機会が少ない子ども達、
純粋に学童保育にやってくる子ども達に、
小さな、あるいは大きな、心に残るものを与える事。


保育学科の腕の見せ所??


ううん、ソレは違う。
ただ単に、子どもが好きなだけ。



 
↑         ↑
そして子どもたちにも色んなものをもらうんだ。



コメントしとこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。